東京の立ち飲み屋で樺太出身のおじさんとアラスカの青年と一緒に飲んだら結構楽しかった

前回の予告の通りのタイトルです。
(2008年1月26日の話です)

東京都立美術館へ「ルーヴル美術館展 フランス宮廷の美」を見に行ったついでに、カッコいいジャンパーを探しにアメ横に行きました。
アメ横に行くと「アメ横でジャンパー、特価品のジャパー、無理してあの娘に買ってやったら、もう給料ないもんね」[1]という、男前な歌が頭の中で繰り返し聞こえてきてしまうのは私だけでしょうか。

※昔の写真を載せると、自動で日時が表示されるとは便利です。手を加えた写真は日時が表示されないみたいです。

中田商店ジャラーナを見たあと、赤い提灯に引き寄せられて、熱燗を一杯飲んだのですが、妙に甘いし日本酒の嫌な部分が強調されたような風味でとにかく不味い。あの後にも、あれほど不味い日本酒を飲んだことがないので、今までの人生で飲んだ中で、一番不味い日本酒ということになります。(だから、店の名前はわからないように、モザイクをかけました)

そこで、前回の「『今まで醸造アルコールというのが入っていたのかな?』思っていたのですが、どうも違うのではないかと思い当たるようなことが、『「知識ゼロからの」日本酒入門』に書かれていたのです」につながるわけです。

何が書かれていたかというと、「戦時中の米不足によって、酒の生産量も激減して行ったが、それを補うためにアルコール添加(略してアル添)が始まった。大量のアル添は味が辛くなるだけなので、それに糖類やグルタミン酸ナトリウムなどを加えた三倍増醸酒(略して三増)なるものも開発された」[2]です。

「糖類やグルタミン酸ナトリウム⁉」

糖類は言うまでもなく甘み、グルタミン酸ナトリウムは旨味です。
先日のブログで登場した「味の素」ですね。
三倍増醸酒というものが犯人である可能性が極めて高くなってきました。

そこで、「三倍増醸酒」について調べてみたのですが、もう一つ「合成清酒」というのが出てきて、別々の扱いになっているように見えるし、「2006年の酒税法改正により、副原料の使用量は白米重量の50%以下に変更されたため、三増酒は清酒ではなくなった」[3]という情報も見つけて、もうちょっと調べる必要がでてきたので、日本酒の話題は次回に先延ばしして、今日のテーマに進みたいと思います。

赤ちょうちんに誘われて立ち寄った立ち飲み屋で、焼き鳥を食べながら不味い熱燗を飲んでいたのですが、私の右側で飲んでいた白人青年がどこから来たのか気になって聞いてみたらアラスカから旅行に来たとのこと、私の左側で飲んでいたおじさんが、私とバリーの会話を聞いて「通訳してくれないか?」って話しかけてきたので、バリーにあれこれ聞いてみたのですが、英語力が足りなくてあまり情報を引き出せない上に「こういう時は、こうじゃなくて、こう言うんだよ」とバリーに英語を訂正されてしまう始末。
そんな、まどろっこしい状況の中、突然、おじさんがロシア語で青年に話しかけたら青年もロシア語で返して、一気に会話が進みました。

2008/01/26 17:16

バリーは、「アラスカの冬はものすごく寒くて、寒さのために仕事ができない時期に休みを取って旅行しているのだ」といっていました。
おじさんは、カラフト出身なので少しロシア語が出来るとのことでした。

焼酎の梅干割を飲んでいたら、バリーが「それは何か?」とたずねてきたので”plum”だと説明したら、同じものを飲んでみたいというので、代わりに注文したら、バリーも「美味しい」と気に入ってくれました。
(バリーには、梅干を”plum”と教えたけど”pickled plum”が正しいみたい。でもきっと、日本を旅行してる間に、梅干しが何なのかわかってくれたと思う)

何を話したか覚えていませんが、見ず知らずの3人で2時間ほど酔っぱらって盛り上がって、そろそろ時間だということになって解散しました。
おじさんが私とバリーが飲んだ分を全てご馳走してくださいました。
バリーは鶯谷の方に宿をとっているということだったので、鶯谷駅の近くまで2人で酔っぱらっていい気分で歩いて、駅の近くまで来た時にバリーに向かって”I have to go”といい残して走り去った(カッコいい感じで)のでありました。

2008/01/26 19:14

バリー以外にも英語力の不足でコミュニケーションに手間取ったことが度々あって、この3年後に改めて英語の勉強を始めました。
改めて英語の勉強を始めた3年後、海外や国内の外国人との取引を担当するようになって、英語の勉強が仕事に大いに役立ちました。

今日はここまでです。
次回は、「三倍増醸酒」と「合成清酒」について、調べていきたいと思います。

参考資料

1. 作詞作曲: 忌野清志郎 編曲; DANGER「あの娘とショッピング

2. 尾瀬あきら『「知識ゼロからの」日本酒入門』幻冬舎, 2001年 (p.69)

3.日本酒なんでもFAQ(菊正宗酒造株式会社)
https://www.kikumasamune.co.jp/mondou/faq5.html

(Visited 10 times, 1 visits today)

東京の立ち飲み屋で樺太出身のおじさんとアラスカの青年と一緒に飲んだら結構楽しかった」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 「三倍増醸酒」と「合成清酒」の続き | 望月ファームオンライン/Mochizuki Farm Online

  2. ピンバック: ライバル | 望月ファームオンライン/Mochizuki Farm Online

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です