スタイル・カウンシル/Style Council 特集


あっという間に土曜日になってしまいました。
今夜は、「ホリウチナイト」第5回目です。

ネタがなくなってきたので、ホリウチナイトは今日で終わりにしたいと思います。
来週以降は、月曜日から金曜日の昼間に1979年10月〜1985年10月の間に静岡県で人気のあった洋楽の懐メロを紹介していきたいと思います。

今までは思いつくまま懐メロを取り上げてきましたが、思い付きによる作業は非常に効率が悪いため、ビルボード1956年〜2001年間トップ100ヒッツから気に入った曲を選んでリストを作ってみようと思ったのですが、この本が取り上げている曲は聞き覚えのないものが多かったので、当時、自分がどこから音楽情報を仕入れていたかと振り返ったところ、NHK FMの「軽音楽をあなたに」とか「サウンドオブポップス」などをエアチェックしたり、新聞のラジオ欄のポップスランキングを見て人気のある曲に目をつけて、その中から気に入ったものを見つけだしていたことを思い出しました。

私のうちでは静岡新聞を購読していたのですが(今でも購読しています)、この新聞にはSBSラジオのポピュラーベストテンのランキングが載っていました。
インターネットで調べたところ、この番組は1979年10月から1985年10月に放送されていたことが分かり、ちょうど私が洋楽を聴き始めた頃なので丁度よいと思い、ランキングが掲載されているサイトがないかと探したものの、そういったサイトは全くありませんでした。

仕方がないので電子化された静岡新聞を検索すべく図書館に赴いたのですが1979年の紙面は電子化されていないことが分かり、手作業でランキングを調べることにしました。
手作業といっても、携帯でランキングを撮影してからGoogleフォトで写真からテキストを抽出し、そのテキストをエクセルで集計すればよいので、それほど大変ではないはずです。
リファレンス室の係りのお姉さんにお願いして、1979年10月〜12月の静岡新聞を地下室から出してもらってランキングを撮影してきました。

そのような作業をしている中で、1979年12月30日にブレジンスキー米大統領補佐官が米ABC放送とのテレビ会見でソ連地上部隊のアフガニスタン越境進攻したことを公表し、この進攻は武力で独立主権国家に政治意思を押し付けようとするものであり国際社会にとって非常に憂慮すべき事態であると述べたことなどが書かれた記事がありました。
1989年にブッシュ大統領とゴルバチョフ書記長がマルタ会談で冷戦の終結を宣言してから33年も経ったのに、未だにソ連と似たようなことをしている国があるのは困ったものだと思いながら作業を進めました。

当時の大事件などに気をとられてしまったこともあって、ランキングの撮影には概ね2時間ぐらいかかりました。
それを先ほど説明した手順でエクセルに入力して、ランキングの1位を10点、10位を1点として各週の結果を集計しました。
番組が開始されたばかりの頃はランキングが紙面で公表されていなかったり、ランキングの掲載がスルーされちゃったっぽい日などもあって、完全なものを作ることはできませんでしたが、当時、静岡県内で流行っていた洋楽の傾向は分かるかと思います。

SBSボピュラーベストテンの年間ランキングのブログは、来週月曜日(5月2日)から始めますので、是非ご覧ください。

随分前置きが長くなりましたが、ホリウチナイトをはじめたいと思います。
今夜も冷たい焼酎のお茶割りを飲みながら、ホリさん好みの曲を聴いていきたいと思います。


とはいうものの、もうあまりネタがないので、今日はスタイルカウンシル特集にします。
過去のブログと重複するものもありますが悪しからず。

最初の2曲は出だしが無音なので、音量が小さすぎると思って音量を上げると、いきなり演奏が始まってビックリすることになるので、気を付けてください。

The Style Council – Shout To The Top

「Shout to the Top!」は、1984年にイギリスのバンド、スタイル・カウンシル(The Style Council)がリリースしたシングル曲。
ポール・ウェラーによる作曲。
出典: Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Shout_to_the_Top!

The Style Council – My Ever Changing Moods

「My Ever Changing Moods」は、スタイル・カウンシル(The Style Council)のデビューアルバム『Café Bleu』(1984年)の収録曲。
ポール・ウェラーによる作曲。
出典: Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/My_Ever_Changing_Moods

The Style Council – It Didn’t Matter

「It Didn’t Matter」はイギリスのバンド、ザ・スタイル・カウンシルの15枚目のシングル。
リードボーカルのポール・ウェラーとキーボードのミック・タルボットによる作曲。
1987年1月にリリースされた。
ポール・ウェラーと当時の妻ディー・C・リーがデュエットしている。
バンドの3rdアルバム『The Cost of Loving』(通称:オレンジ・アルバム)からのファースト・シングル。
イギリスで9位、オーストラリアとニュージーランドでは48位を記録するヒットなった。

出典: Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/It_Didn%27t_Matter

The Style Council – Boy Who Cried Wolf

「Boy Who Cried Wolf」は、イギリスのバンド、スタイル・カウンシル(The Style Council)のアルバム『Our Favourite Shop』(1985年)の収録曲。
出典: Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Boy_Who_Cried_Wolf_(song)

The Style Council – The Lodgers

「The Lodgers」 は、イギリスのバンド、スタイル・カウンシルのアルバム『Our Favourite Shop』(1985年)の収録曲。
アメリカでは、アルバム名が『Internationalists』と改名された。
出典: Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Lodgers_(song)

The Style Council – Walls Come Tumbling Down!

「Walls Come Tumbling Down!」は、スタイル・カウンシル(The Style Council)のセカンドアルバム『Our Favourite Shop』(1985年)の収録曲。
ポール・ウェラーによる作曲。
『Our Favourite Shop』は、アメリカ市場向けに『Internationalists』と改名された。
ビデオの撮影場所はポーランドのワルシャワ。
出典: Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Walls_Come_Tumbling_Down! 

高校生の頃、ポールウエラーのヘアースタイルの真似をしていたのに、他の人にわかってもらえなかったのは、今でも不満に思っています。
ただ毛を伸ばしていただけではないのだよヽ(`Д´)ノプンプン

The Style Council – Promised Land

スタイルカウンシル(The Style Council)の「Promised Land」は、アメリカのプロデューサー兼DJのJoe SmoothがAnthony Thomasをフィーチャーした1987年のシングル「Promised Land」のカバーバージョン。
この曲は人間が兄弟姉妹としていかに愛で団結し楽園で繁栄すべきかを歌っており、シカゴのクラブで大ヒットした。
原曲は1989年2月の全英シングルチャートで56位を記録し、スタイル・カウンシルのカバーバージョンはトップ40入りを果たした。
出典: Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Promised_Land_(Joe_Smooth_song)

よろしかったら「ネオつぶやきの友」トップページの「懐メロ洋楽」ボタンをクリックしてください。
よろしくお願いいたします。

(Visited 44 times, 1 visits today)

スタイル・カウンシル/Style Council 特集」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2022-05-14 | 望月ファームオンライン/Mochizuki Farm Online

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です