冷たいお茶も美味しいです

今日、望月ファームの粉末煎茶(粉末茶)をお取扱店様へ納品に伺ったところ「ご購入下さったお客様が冷たいお茶を気に入ってくださっていますよ」とのお話を伺いました。
お客様のご家族様が水で溶いた粉末煎茶を水筒に入れて職場へお持ちになるそうです。

(断熱性に優れた水筒だと、温かいお茶もの冷たいお茶も適温が続いてよいですね)



私も勤めに出ていたころは、毎日、水筒に粉末煎茶でつくったお茶に入れて出社しておりました。

1.水筒で冷たいお茶を作る方法
(1)水筒に1/3から半分ぐらいの水を入れます
(2)粉末煎茶を入れます
(3)ふたを閉めて上下に振って攪拌します
(4)水筒の90%程度まで水を追加します
(一緒に氷を入れてもよいです)
(5)ふたを閉めて繰り返し上下を反転させ攪拌します
以上が水筒を使った冷たいお茶のつくり方です。

2.水筒で温かいお茶を作る方法
(1)水筒に1/5〜1/3程度の水を入れます
(2)粉末煎茶をいれます
(3)ふたを閉めて上下に振って攪拌します
(4)水筒の90%程度までお湯をいれます
(5)水筒を立てたまま円を描くように回して冷たいお茶とお湯が混ざるようにします
以上が水筒を使った温かいお茶のつくり方です。

※やけど注意
こちらにも記載しましたが、熱湯を入れて振ると水筒から熱湯が飛び出すことがありますので絶対にやらないでください。私は2度ほど火傷しました。

粉末煎茶の目安の量は水200mlに対して1gとしておりますが、私は計量しなかったので実際に入れていた粉末煎茶の量は分からないのですが、1パックで1か月程度はもったので、750mlの水筒に1〜2g程度の粉末煎茶を使っていたと思います。
(週休二日で約21日)
ご参考としていただければと思います。





(Visited 23 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です